【閑古鳥が鳴く】の意味と使い方の例文(語源・類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
閑古鳥が鳴く

【読み方】
かんこどりがなく

【意味】
商売などで人が集まらなくて、さみしい様子のこと。
また、人の訪れがないこと。

【語源・由来】
「閑古鳥(かんこどり)」とは、郭公(かっこう)の別称。
人気のない山里で聞くかっこうの鳴き声が、さびしげに聞こえることから。

【類義語】
・門前雀羅を張る(もんぜんじゃくらをはる)

【対義語】
・門前市を成す(もんぜんいちをなす)

【英語訳】
So quiet you could hear a pin drop.
It is lonely for people not to gather. It is deserted.

【スポンサーリンク】

「閑古鳥が鳴く」の使い方

健太
こんな遠くの店だけど、人気だというから来たのに、全然人がいないね。
ともこ
そうね。お店にもすぐに入れたわね。
健太
ぼくらの他には、お客さんもいなかったね。
ともこ
閑古鳥が鳴くさみしさね。

「閑古鳥が鳴く」の例文

  1. 最近は不景気が続いていて、商店街はどこの店も閑古鳥が鳴くさみしさだよ。
  2. お客さんが押し寄せて、大変な忙しさだったのは開店の日だけで、このところは閑古鳥が鳴くという有様だ。
  3. このところ、店の調子はどうだと聞かれたけれど、毎日閑古鳥が鳴いているよ。
  4. 向かいの和菓子屋は新商品が大ヒットしたようで、連日長蛇の列ができているが、うちはというと閑古鳥が鳴いている。
  5. こんなはずではなかったけれど、実際には閑古鳥が鳴くと言う不入りが続いている。
暇があるという意味で使うのは誤りなので注意が必要。
「毎日閑古鳥がなくほど時間があるよ。」
「仕事をやめたから、なにもすることがなくて、閑古鳥が鳴いているよ。」
などと使うのは誤り。

まとめ

商売などでお客さんが来なくて、閑古鳥が鳴くようなことになっては、困ってしまうのではないでしょうか。
人の賑わいがあり、活気のある場所で商売ができるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事