【嵩に懸かる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
嵩に懸かる

嵩に懸かるの“”を「笠」と誤記入しないように要注意。

【読み方】
かさにかかる

【意味】
己よりも地位や力が劣る者に威圧的な態度をとる。また、有利な立場に乗じて相手を攻めることを意味している。

【語源・由来】
嵩に懸かるの“嵩”は、物の大きさや分量または体積や容積を指し、“懸かる”は何かを支えたり、何かによりかかったりする意味から、すがる・頼るという意味合いが含まれている。そのため、鎌倉時代では物の大きさに頼る=勢力の大きさに頼り、相手を攻める意味で使用されていたといわれている。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
・to be highhanded
・to be arrogant
・to be overbearing

to be highhanded
highhanded ➡ 高圧的な・横暴な・高飛車な
直訳すると、「高圧的になる」になる。

to be arrogant
arrogant ➡ 横柄な・傲慢な
直訳すると、「傲慢になる」になる。

to be overbearing
overbearing ➡ 威圧的な・いばる・横柄な
直訳すると、「威圧的になる」になる。

「嵩に懸かる」の使い方

ともこ
今日の体育の時のバスケの試合はすごかってね!
健太
それ、僕も思った!!
ともこ
本当にあっという間だったね。先制点を入れて、相手が怯んだすきに嵩に懸かって一気に大量得点入れるんだもん。
健太
さすが現役バスケ部だね。相手チームが少し可哀想だった。

「嵩に懸かる」の例文

  1. 先制点を入れ相手が怯んだすきに嵩に懸かって一気に攻め入る。
  2. 部長はいつも部下に対して嵩に懸かったような態度をとる。
  3. 時には嵩に懸かった態度をとり、相手を怯ませるのもビジネスの一つである。
  4. 能力もないのに年功序列で役職を手に入れた上司の嵩に懸かった態度が一番腹に立つ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事