【口自慢の仕事下手】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

口自慢の仕事下手

【読み方】

くちじまんのしごとべた

【意味】

口だけは達者だが、仕事がさっぱりできない事。また、そのような人の事。

【語源・由来】

多弁な者は口ばかり動いて、手が動かず仕事が捗らないことが多い事から。

【類義語】
・空き樽は音が高い
・口上手の商い下手
・口叩きの手足らず
・口では大阪の城も建つ
・口では親船も造る
・能無しの口叩き
・理屈上手の行い下手
・口は口、手は手

【対義語】
・口も八丁手も八丁
・手八丁口八丁
・物言わずの早細工

【英語訳】
・A long tongue is a sign of a short hand.
・A mouth is boast however, he is poor at work.
・You cackle often, but never lay an egg.
・ A talkative person does not work.

「口自慢の仕事下手」の使い方

ともこ
ああ。私の自転車が壊れてしまったわ。どうしたらいいのだろう。
健太
僕に任せてよ。ここらでは一番自転車に詳しいんだ。安心して。僕の手に掛かれば、まるで新品の様に元通りだよ。
ともこ
そんなことばかり言っていても、口自慢の仕事下手では意味が無いのよ。そこまで言うなら実際に直してみせてよ。
健太
ああ、良いさ。僕の素晴らしい技術に君はきっと驚くことになるだろうね。まあ、楽しみにしていてよ。

「口自慢の仕事下手」の例文

  1. 彼は口自慢の仕事下手だから、あまり期待するとがっかりすることになってしまうよ。
  2. 彼女は電話対応のスキルは高いのに、実際事務的な作業をさせると全くダメなんだ。口自慢の仕事下手といった感じだよ。
  3. 口自慢の仕事下手では意味がないから、自分の技術を磨く時間も大事にした方が良い。
  4. あいつは口自慢の仕事下手で、口だけは達者だから言いくるめられない様に用心するんだよ。
  5. 相手に口自慢の仕事下手と言われるのが悔しいので、作業は抜かりなく行う様心がけている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事