【血の気が失せる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
血の気が失せる

【読み方】
ちのけがうせる

【意味】
恐怖や驚きなどによって顔面が蒼白になること。

【スポンサーリンク】

「血の気が失せる」の使い方

健太
昨日の、文化祭でのお化け屋敷は、ともこちゃんのお化けが最強に怖かったよね。
ともこ
えっ。私はお化け役をやっていないわよ。ずっと生徒会の仕事をしていたわ。
健太
ええっ。あれは、ともこちゃんじゃなかったの?えっ?じゃあ、あれはともこちゃんそっくりの本物のお化け?あー、今さらながら、血の気が失せてきたよ。
ともこ
こっちこそ、私そっくりのお化けだなんて、血の気が失せるようなこと言わないでよ。

「血の気が失せる」の例文

  1. 彼は強気な発言をしているが、それでも血の気が失せたような顔色の悪さは隠しきれない。
  2. 新聞をとり上げて、記事を何気なく見た私は、自分の顔から血の気が失せていくのがわかるくらいに驚いた。
  3. 遠足の途中で嫌な予感がして、生徒の数を数えたが、数えていくうちに、だんだんと自分の顔から血の気が失せていった。
  4. そこに居るものが何なのか理解した瞬間、全身からさーっと音を立てて血の気が失せた。
  5. 彼女は彼の報告を、血の気が失せ、いまにも倒れそうになりながら聞いていたのである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事