CATEGORY 「ふ」で始まることわざ

「ふ」で始まることわざ

【故きを温ねて新しきを知る】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 故きを温ねて新しきを知る 【読み方】 ふるきをたずねてあたらしきをしる 【意味】 古いことを調べて、新しい知識や意義を再発見するという意味。 【語源・由来】 孔子「論語」より。「故きを温ねて新しきを知らば、…

「ふ」で始まることわざ

【分別過ぐれば愚に返る】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 分別過ぐれば愚に返る 【読み方】
 ふんべつすぐればぐにかえる 【意味】
 あまり深く考えすぎると、かえってつまらない事を考えてしまい失敗するという事。 【語源・由来】
 「分別」とは、物事の是非や損得な…

「ふ」で始まることわざ

【踏んだり蹴ったり】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 踏んだり蹴ったり 【読み方】
 ふんだりけったり 【意味】
 重ね重ねひどい目にあう事。また、何度もひどい目にあう事。 【語源・由来】
 踏まれた上に蹴られるように、災難が続いて散々な目にあう事から。 【…

「ふ」で始まることわざ

【刎頸の交わり】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 刎頸の交わり 【読み方】
 ふんけいのまじわり 【意味】
 「刎頚」とは、首をはねることで、その友人のためなら首をはねられても悔いはないと思うほどの、親しい交わりの事。 きわめて親密な付き合いの事。 【語…

「ふ」で始まることわざ

【古川に水絶えず】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 古川に水絶えず 【読み方】
 ふるかわにみずたえず 【意味】
 旧家は衰えてもそう簡単には潰れないということのたとえ。また、基盤がしっかりしているものは、衰えてきてもたやすく滅びないという事。 【語源・由…

「ふ」で始まることわざ

【冬来たりなば春遠からじ】の意味と使い方や例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
 冬来たりなば春遠からじ 【読み方】
 ふゆきたりなばはるとおからじ 【意味】
 辛い時期を乗り越えれば、よい時期は必ず来るということ。 【語源・由来】
 厳しい冬が来たということは、もうすぐ暖かい春がくる…

「ふ」で始まることわざ

【文はやりたし書く手は持たぬ】の意味と使い方や例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
 文はやりたし書く手は持たぬ 【読み方】
 ふみはやりたしかくてはもたぬ 【意味】
 恋文を書きたいが文字を書くことができず、人にたのむわけにもいかない。気をもむ意。無筆な女が嘆く言葉。 【語源・由来】
 …

「ふ」で始まることわざ

【豚に念仏猫に経】の意味と使い方や例文(類義語・語源由来)

【ことわざ】
 豚に念仏猫に経 【読み方】
 ぶたにねんぶつねこにきょう 【意味】
 人の意見や忠告を聞き流すだけで、少しも聞き入れようとしないことのたとえ。また、高尚な話を聞いても一向に理解できないことのたとえ。 【語…

「ふ」で始まることわざ

【武士は食わねど高楊枝】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
 武士は食わねど高楊枝 【読み方】
 ぶしはくわねどたかようじ 【意味】
 武士は物を食べなくても、食べたようなふりをして楊枝を使って空腹を人に見せない。 【語源・由来】
 武士の清貧に安ずること。気位の高…

「ふ」で始まることわざ

【武士は相身互い】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 武士は相身互い 【読み方】
 ぶしはあいみたがい 【意味】
 武士同士は同じ立場にあるから、互いに思いやりをもって助け合うべきであるということ。 【語源・由来】
 「相身互い」とは「相身互い身」の略で、同…

「ふ」で始まることわざ

【武士に二言はない】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
 武士に二言はない 【読み方】
 ぶしににごんはない 【意味】
 武士は信義を重んずるので、いったん言ったことを取り消すようなことはしない。 【語源・由来】
 武士は信義を重んじるということを武士の立場から…

「ふ」で始まることわざ

【無沙汰は無事の便り】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 無沙汰は無事の便り 【読み方】
 ぶさたはぶじのたより 【意味】
 便りがないのは心配無用である証拠だということ。 【語源・由来】
 「無沙汰」とは、特に、訪問・連絡を久しくしないこと。何か変わったことが…

「ふ」で始まることわざ

【河豚は食いたし命は惜しし】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
 河豚は食いたし命は惜しし 【読み方】
 ふぐはくいたしいのちはおしし 【意味】
 快楽や利益は得たいと思う一方で、それに伴う危険や損害を恐れるあまりためらう事。 【語源・由来】
 美味なフグは食いたいが、…

「ふ」で始まることわざ

【覆水盆に返らず】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 覆水盆に返らず 【読み方】
 ふくすいぼんにかえらず 【意味】
 ①一度別れた夫婦の仲はもとどおりにならないことのたとえ。 ②一度したことは、もはや取り返しがつかないことのたとえ。 【語源・由来】
 周の…