CATEGORY 「ふ」で始まることわざ

「ふ」で始まることわざ

【故きを温ねて新しきを知る】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 故きを温ねて新しきを知る 【読み方】 ふるきをたずねてあたらしきをしる 【意味】 古いことを調べて、新しい知識や意義を再発見するという意味。 【語源・由来】 孔子「論語」より。「故きを温ねて新しきを知らば、…

「ふ」で始まることわざ

【分別過ぐれば愚に返る】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 分別過ぐれば愚に返る 【読み方】
 ふんべつすぐればぐにかえる 【意味】
 あまり深く考えすぎると、かえってつまらない事を考えてしまい失敗するという事。 【語源・由来】
 「分別」とは、物事の是非や損得な…

「ふ」で始まることわざ

【文は人なり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 文は人なり 【読み方】
 ぶんはひとなり 【意味】
 文章は筆者の思想や人柄が表されているという事。文章を見れば書き手の人となりが判断できるという事。 【語源・由来】
 フランスの博物学者ジョルジュ=ルイ…

「ふ」で始まることわざ

【踏んだり蹴ったり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 踏んだり蹴ったり 【読み方】
 ふんだりけったり 【意味】
 重ね重ねひどい目にあう事。また、何度もひどい目にあう事。 【語源・由来】
 踏まれた上に蹴られるように、災難が続いて散々な目にあう事から。 【…

「ふ」で始まることわざ

【刎頸の交わり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 刎頸の交わり 【読み方】
 ふんけいのまじわり 【意味】
 「刎頚」とは、首をはねることで、その友人のためなら首をはねられても悔いはないと思うほどの、親しい交わりの事。 きわめて親密な付き合いの事。 【語…

「ふ」で始まることわざ

【古川に水絶えず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 古川に水絶えず 【読み方】
 ふるかわにみずたえず 【意味】
 旧家は衰えてもそう簡単には潰れないということのたとえ。また、基盤がしっかりしているものは、衰えてきてもたやすく滅びないという事。 【語源・由…

「ふ」で始まることわざ

【冬来たりなば春遠からじ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 冬来たりなば春遠からじ 【読み方】
 ふゆきたりなばはるとおからじ 【意味】
 今は不幸な状況であっても、じっと耐え忍んでいれば、いずれ幸せが巡ってくるという事。 【語源・由来】
 寒く厳しい冬が来たとい…