【画餅に帰す】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

画餅に帰す

【読み方】

がべいにきす

【意味】

せっかくたてた計画や考えていた事などが実現できなくて、無駄に終わってしまう事。

【語源・由来】

中国・西晋代の官僚・陳寿によって三国時代について書かれた歴史書『三国志・魏書』より。
「選挙するに名有るを取ること莫れ。名は地に画きて餅を作るが如く、啖うべからざるなり(人を選び推挙する際には、世の中の評判に頼って選んではいけない。名声などというものは絵に描いた餅のようなもので、食べることはできず、役に立たないのだから)」という記述から。
「画餅」とは、「絵に描いた餅(食べられない、無駄なもの)」のことで「帰す」は、終わる、戻るという意味を持つ。

【類義語】
・
絵に描いた餅
・無駄骨を折る

【対義語】

【英語訳】
・fall through
・It returns to the drawn rice cake.
・It is not helpful in fact.

「画餅」が「がへい」と読むこともあります。
また「画餅に帰する」「画餅に属する」「画餅に終わる」「絵に描いた餅に終わる」と表すこともありますので、注意が必要です。

「画餅に帰す」の使い方

健太
やはり台風の季節に旅行を計画するのは良くないね。
ともこ
本当ね、2ヶ月前から予定していたのに、空港で足止めを食らうとは思わなかったわ。
健太
あんなに楽しみにしていたのに、まさか飛行機が欠航になってしまうなんて残念だったよ。
ともこ
色々向こうで行う予定だった計画も、すべて画餅に帰すといったところね。次は天気の穏やかな時期に計画しましょう。

「画餅に帰す」の例文

  1. ここまで順調にプロジェクトは進んでいたのに、ひょんなことでこの計画は画餅に帰すことになってしまった。
  2. せっかく思いついたアイディアなんだから、画餅に帰す訳にはいかないんだ。
  3. あのまま画餅に帰すことなく企画が進んでいたら、きっと我が社の業績は上がっていただろうに。
  4. 画餅に帰すのはもったいないから、なんとしてでも実行しよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事