【前門の虎後門の狼】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
前門の虎後門の狼

【読み方】
ぜんもんのとらこうもんのおおかみ

【意味】
困ったことや、災難から逃れることができたと思ったら、また困ったことや災難にあうというたとえ。

【語源・由来】
中国の「評史(ひょうし)」にある言葉が由来。
「前門に虎を拒(ふせ)ぎ、後門に狼を進む」とあるのに基づく。

【類義語】
・一難去ってまた一難(いちなんさってまたいちなん)
・虎口を逃れて竜穴に入る(ここうをのがれてりゅうけつにいる)
・禍去って禍またいたる(わざわいさってわざわいまたいたる)

【英語訳】
A precipice in front ,a wolf behind.


「前門の虎後門の狼」の使い方

ともこ
健太くん、待ちなさい!
健太
ご、ごめんなさい~!
ともこ
今度という今度は、許さないわよ!
きっちり話を聞いてもらいますからね!
健太
お母さんのお説教から逃れられたと思ったら、バッタリともこちゃんに会うなんて。
これじゃあ、前門の虎後門の狼だよ。

「前門の虎後門の狼」の例文

  1. 不況に加えて、増税の追い打ちなんて、これは前門の虎後門の狼だよ。
  2. クレームが殺到していて、売り上げはどんどん減っているなんて、会社は今前門の虎後門の狼のピンチに陥ってしまった。
  3. 成績が下がってしまって、先生との懇談から逃げて帰ったものの、家では連絡を受けたお母さんが待ち構えていた。これはまさに、前門の虎後門の狼じゃないか。
  4. 巣にぶつかってしまい、蜂に追われていたけれど、やっと逃れたと思ったところで、犬の尻尾を踏んでしまい、今度は犬に追いかけられている。前門の虎後門の狼とはこのことを言うのか。
  5. 前門の虎後門の狼というけれど、まさに今絶体絶命の危機に陥っている。

まとめ

困ったことや、災難にあった時に、冷静に対処することは難しいのではないでしょうか。
必死で解決したと思った矢先に、また災難に出会ってしまうと、とても悲しい気持ちになってしまいますね。
前門の虎後門の狼という危機を乗り越えらえるように、普段から気を付けて生活をしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事