CATEGORY 「ち」で始まることわざ

「ち」で始まることわざ

【忠ならんとすれば孝ならず、孝ならんとすれば忠ならず】の意味と使い方や例文

【ことわざ】 忠ならんとすれば孝ならず、孝ならんとすれば忠ならず 【読み方】 ちゅうならんとすればこうならず、こうならんとすればちゅうならず 【意味】 主君に忠義を尽くそうとすれば親に逆らうこととなり孝行できず、親に孝行…

「ち」で始まることわざ

【父の恩は山よりも高く母の恩は海よりも深し】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 父の恩は山よりも高く母の恩は海よりも深し 【読み方】 ちちのおんはやまよりもたかくははのおんはうみよりもふかし 【意味】 父と母からもらった恩のありがたさは、とても大きく深いものである、ということ。 【語源…

「ち」で始まることわざ

【中原に鹿を逐う】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】 中原に鹿を逐う 【読み方】 ちゅうげんにしかをおう 【意味】 ある地位・権力を手に入れようとしてたがいに争(あらそ)うことのたとえ。 【語源・由来】 出典は「魏徴(ぎちょう)」です。「中原」は中国の中央で、…

「ち」で始まることわざ

【知恵は万代の宝】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 知恵は万代の宝 【読み方】 ちえはばんだいのたから 【意味】 すぐれた知恵は、その人ひとりのものではなく、のちのちまで尊重されて役に立つ宝であるというたとえ。 【語源・由来】 「万代」とは、永遠、限りなく長…

「ち」で始まることわざ

【知恵は小出しにせよ】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 知恵は小出しにせよ 【読み方】 ちえはこだしにせよ 【意味】 自分が持っている知恵を一度に出してしまっては、あとで苦境に立たされたときに打つ手がなくなってしまうので、その場その時に合わせて少しずつ披露するこ…

「ち」で始まることわざ

【小さく生んで大きく育てる】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 小さく生んで大きく育てる 【読み方】 ちいさくうんでおおきくそだてる 【意味】 ものごとは小さく始めて、だんだんと大きく育てることが着実でよいというたとえ。 【語源・由来】 小さい赤ん坊を生んだほうが出産が…

「ち」で始まることわざ

【鎮守の沼にも蛇は棲む】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 鎮守の沼にも蛇は棲む 【読み方】 ちんじゅのぬまにもへびはすむ 【意味】 悪人はどんな所にでもいるということ。 【語源・由来】 「鎮守」は、その地を鎮め守る神や社の意。神聖な場所でも蛇のような邪悪なものが棲…

「ち」で始まることわざ

【頂門の一針】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 頂門の一針 【読み方】 ちょうもんのいっしん 【意味】 人の急所を鋭く突いた厳しい戒めのこと。 【語源・由来】 出典は「蘇軾(そしょく)」です。蘇軾が批評した言葉に対し、王遵巌(おうじゅんげん)が「荀子(じ…

「ち」で始まることわざ

【掉尾を飾る】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 掉尾を飾る 【読み方】 ちょう(とう)びをかざる 【意味】 物事の最後を立派にしめくくること。 【語源・由来】 「掉尾」とは、捕まえられた魚が死ぬ直前に尾をふるうことです。そこから転じて、「最後」を意味した…

「ち」で始まることわざ

【提灯持ち】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 提灯持ち 【読み方】 ちょうちんもち 【意味】 ①夜道や葬式などに、同行する人の前に提灯を持って立つ人。 ②他人の手先に使われ、また頼まれもしないのに他人のためにその長所などを吹聴すること。また、その人。 …

「ち」で始まることわざ

【提灯に釣鐘】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 提灯に釣鐘 【読み方】 ちょうちんにつりがね 【意味】 形は似ているが、軽重の差がはなはだしくくらべものにならないこと。物事のつり合いがとれないこと。縁談などにいう。 【語源・由来】 提灯と釣鐘は、どちらも…

「ち」で始まることわざ

【長者の万灯より貧者の一灯】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【故事成語・ことわざ】 長者の万灯より貧者の一灯 【読み方】 ちょうじゃのまんとうよりひんじゃのいっとう 【意味】 金持ちが見栄をはって差し出す大量の寄進より、たとえわずかでも貧乏人が心を込めて捧げる寄進の方がまさってい…

「ち」で始まることわざ

【忠臣は二君に仕えず】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 忠臣は二君に仕えず 【読み方】 ちゅうしんはにくんにつかえず 【意味】 心から忠義(ちゅうぎ)を尽くす臣下(しんか)というものは、その生涯で一人の主君にしか仕えないということ。 【語源・由来】 出典は「史記…

「ち」で始まることわざ

【忠言耳に逆らう】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 忠言耳に逆らう 【読み方】 ちゅうげんみみにさからう 【意味】 役にたつ忠告ほど、聞く者にとっては耳には痛烈に感じられるため、喜ばれないものだということ。また、素直に受け入れられにくいということ。 【語源・…

「ち」で始まることわざ

【血は水よりも濃い】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 血は水よりも濃い 【読み方】 ちはみずよりもこい 【意味】 血筋は争われず、他人よりも血縁の人とのつながりの方が強い。 【類義語】 ・兄弟は両の手(きょうだいはりょうのて) ・血の寄るものは親子(ちのよるも…

「ち」で始まることわざ

【智に働けば角が立つ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】 智に働けば角が立つ 【読み方】 ちにはたらけばかどがたつ 【意味】 理知的に動こうとすれば人間関係がぎすぎすして穏やかに暮らしづらくなる。 【語源・由来】 夏目漱石の「草枕」の冒頭にあることば。 「智に働け…