【鶴は千年、亀は万年】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
鶴は千年、亀は万年

【読み方】
つるはせんねん、かめはまんねん

【意味】
長寿で極めてめでたいときを祝うことば。鶴と亀は寿命が長い代表で、めでたいものとされていることから、縁起の良い賀寿などの際に使われる。
実際の寿命は、鶴がタンチョウヅルで20~30年、亀はゾウガメで100~200年といわれている。

【語源・由来】
出典は中国の「神仙譚(しんせんたん)」です。

神仙とは、神または仙人(せんにん)のことで神通力(じんつうりき=何事でもなしえる不思議な力)をえた仙人のことをいいます。神仙思想は中国の古代の神秘思想で山東省(さんとうしょう)の神山信仰(しんこう)として不老長寿(ふろうちょうじゅ)の薬を求めいろいろな術を生みました。

【類義語】
亀鶴之寿(きかくのじゅ)

【英語訳】
直訳は Crane lives a thousand year and turtle lives a hundred thousand years. です。


「鶴は千年、亀は万年」の使い方

ともこ
明日は敬老の日でお休みね。
健太
町内で百歳を越えるおばあちゃんのお祝いがあるんだ。
ともこ
鶴は千年、亀は万年、おめでたいわ。
健太
そうだね。でもなんで鶴と亀なのかな?

「鶴は千年、亀は万年」の例文

  1. 健康で百歳を迎えられれば、鶴は千年、亀は万年で喜ばしいことです。
  2. 昔は百歳を超える年齢の方は数人でした。現在は鶴は千年、亀は万年で5万人以上いるそうです。
  3. 寿命が延びるのは良いことです。健康年齢もできるだけ寿命に近づけば、本当に鶴は千年、亀は万年でおめでたいと思います。
  4. 鶴は千年、亀は万年といえばおめでたいと思いますが、痴呆症(ちほうしょう)になったりするとご家族は大変でしょうね。

まとめ

長生きの動物を探してみましたら驚きましたね。平均年齢200歳以上の動物がいました。太平洋沿岸部に生息する赤ウニは寿命が200年だそうです。ホッキョククジラは平均で200歳くらい、北極海に住むニシオンデンザメは平均で250年以上、南極の海綿動物は千年以上でベニクラゲにいたっては計測不能だそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事