【牛は牛連れ、馬は馬連れ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

牛は牛連れ、馬は馬連れ

【読み方】

うしはうしづれ、うまはうまづれ

【意味】

同類や似た者同士は自然と集まりやすいという事。また、似た者同士で物事を行えば、調和が取れて上手くいくという事。

【語源・由来】

牛と馬は歩調が合わないが、牛同士または馬同士なら歩調が合い、連れ立つのが良いという事から。

【類義語】
・合うた釜に似寄った蓋
・同気相求む
・同類相求む
・似合い似合いの釜の蓋
・似合う夫婦の鍋の蓋
・似た者夫婦
・似るを友
・ねじれ釜にねじれ蓋
・蓑のそばへ笠が寄る
・目の寄る所へ玉も寄る
・類は友を以て集まる
・類は友を呼ぶ
・類は類を呼び友は友を呼ぶ
・類をもって集まる
・破れ鍋に欠け蓋
・割れ鍋に綴じ蓋

【対義語】
・氷炭相容れず

【英語訳】
・Every Jack has his Jill.
・Birds of a feather flock together.

「馬は馬連れ、牛は牛連れ」「馬は馬連れ、鹿は鹿連れ」、または単に略して「牛は牛連れ」「馬は馬連れ」と表すこともあります。
【スポンサーリンク】

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」の使い方

健太
ともこちゃんは部活動は、どれに入部する事に決めたんだい?
ともこ
私は吹奏楽部に入部する事に決めたわ。健太くんはどうなの?
健太
僕は放送部に入部する事にしたんだ。そこの皆とは、ものすごく気が合って楽しく過ごせそうだよ。
ともこ
それはよかったわね。牛は牛連れ、馬は馬連れというし、自分に馴染むところにいた方が快適よね。

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」の例文

  1. 牛は牛連れ、馬は馬連れで、同じ趣味を持った彼とは気も合い仲良く出来ている。
  2. 旅をするなら、牛は牛連れ、馬は馬連れで、同じような考え方をした友達と行くのが楽しいものだ。
  3. 牛は牛連れ、馬は馬連れというのだから、相反するあの二人を組ませても上手く行かないと思うよ。
  4. あの会社の人間は皆考え方が似ているよ。牛は牛連れ、馬は馬連れだね。
  5. 同じ学校出身の彼女とは非常に話が合うよ。牛は牛連れ、馬は馬連れだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事