【牛は牛連れ、馬は馬連れ】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

牛は牛連れ、馬は馬連れ

【ことわざ】

牛は牛連れ、馬は馬連れ

【読み方】

うしはうしづれ、うまはうまづれ

【意味】

同類は自然と集まりやすいことのたとえ。また、似た者どうしが集まると、うまくいくこと。

【語源・由来】

動物は同じ種類のもの同士で群れる。それを似た者同士で仲間を作る人間のさまにたとえたもの。

【類義語】
・合うた釜に似寄った蓋
・同気相求む
・同類相求む
・似合い似合いの釜の蓋
・似合う夫婦の鍋の蓋
・似た者夫婦
・似るを友
・ねじれ釜にねじれ蓋
・蓑のそばへ笠が寄る
・目の寄る所へ玉も寄る
・類は友を以て集まる
・類は友を呼ぶ
・類は類を呼び友は友を呼ぶ
・類をもって集まる
・破れ鍋に欠け蓋
・割れ鍋に綴じ蓋

【対義語】
・氷炭相容れず

【英語訳】
・Every Jack has his Jill.
・Birds of a feather flock together.

「馬は馬連れ、牛は牛連れ」「馬は馬連れ、鹿は鹿連れ」、または単に略して「牛は牛連れ」「馬は馬連れ」と表すこともあります。
【スポンサーリンク】

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」の使い方

健太
ともこちゃんは部活動は、どれに入部する事に決めたんだい?
ともこ
私は吹奏楽部に入部する事に決めたわ。健太くんはどうなの?
健太
僕は放送部に入部する事にしたんだ。そこの皆とは、ものすごく気が合って楽しく過ごせそうだよ。
ともこ
それはよかったわね。牛は牛連れ、馬は馬連れというし、自分に馴染むところにいた方が快適よね。

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」の例文

  1. 牛は牛連れ、馬は馬連れで、同じ趣味を持った彼とは気も合い仲良く出来ている。
  2. 旅をするなら、牛は牛連れ、馬は馬連れで、同じような考え方をした友達と行くのが楽しいものだ。
  3. 牛は牛連れ、馬は馬連れというのだから、相反するあの二人を組ませても上手く行かないと思うよ。
  4. あの会社の人間は皆考え方が似ているよ。牛は牛連れ、馬は馬連れだね。
  5. 同じ学校出身の彼女とは非常に話が合うよ。牛は牛連れ、馬は馬連れだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪