CATEGORY 「お」で始まることわざ

「お」で始まることわざ

【親の恩は子を持って知る】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 親の恩は子を持って知る 【読み方】 おやのおんはこをもってしる 【意味】 自分が親になって子供を育てることではじめて、親のありがたみがわかるというたとえ。 【語源・由来】 「明心宝鑑」には「子を養いて方(は…

「お」で始まることわざ

【親子は一世、夫婦は二世、主従は三世】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 親子は一世、夫婦は二世、主従は三世 【読み方】 おやこはいっせ、ふうふはにせ、しゅじゅうはさんぜ 【意味】 親子の関係は現世だけのこと、夫婦の関係は前世と現世もしくは現世と来世の二世に渡ることで、主従の関係…

「お」で始まることわざ

【尾を振る犬は叩かれず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 尾を振る犬は叩かれず 【読み方】 おをふるいぬはたたかれず 【意味】 自己主張が少なく、素直で愛想の良い者は誰からでも愛されるということ。 【語源・由来】 飼い主の言うことを素直に聞いたり、しっぽを振りなが…

「お」で始まることわざ

【終わり良ければ全て良し】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 終わり良ければ全て良し 【読み方】 おわりよければすべてよし 【意味】 最初や途中がどうであれ、結局大切なのは結果であるということ。 【語源・由来】 イングランド(イギリス)の詩人であり、劇作家として16世…

「お」で始まることわざ

【及ばぬ鯉の滝登り】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 及ばぬ鯉の滝登り 【読み方】 およばぬこいのたきのぼり 【意味】 いくら頑張っても、目的を達成することは不可能であるということ。また、決して叶うことはない“恋”という意味で用いられる場合もある。 【語源・由…

「お」で始まることわざ

【泳ぎ上手は川で死ぬ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 泳ぎ上手は川で死ぬ 【読み方】 およぎじょうずはかわでしぬ 【意味】 己の能力や才能に驕(おご)りを持つあまり、得意分野で失敗してしまうことをたとえている。 【語源・由来】 泳ぎが得意な人に限って、慣れた川…

「お」で始まることわざ

【親馬鹿子馬鹿】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 親馬鹿子馬鹿 【読み方】 おやばかこばか 【意味】 自分の子どもを愛し可愛がるあまり客観的に子どもを見ることができず、子どもの愚かさ加減に気づかない。また、子どもはこどもで親の行き過ぎた愛情に甘え慣れ、悪行…

「お」で始まることわざ

【親が死んでも食休み】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 親が死んでも食休み 【読み方】 おやがしんでもじきやすみ 【意味】 どんなに忙しくても、食後の休憩は大切というたとえ。 忙しくても、休むときに休まないと健康にも良くないことと、能率も悪くなるということ。 【…

「お」で始まることわざ

【親思う心にまさる親心】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】 親思う心にまさる親心 【読み方】 おやおもうこころにまさるおやごころ 【意味】 子供が親を思う気持ちよりも、親が子供を思う愛情のほうがずっと深いというたとえ。 【語源・由来】 吉田松陰の辞世の歌から。 「親…

「お」で始まることわざ

【重き馬荷に上荷打つ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 重き馬荷に上荷打つ 【読み方】 おもきうまににうわにうつ 【意味】 大きな負担に、さらに負担が重なるというたとえ。 【語源・由来】 「万葉集(まんようしゅう)」山神憶良 「痛き瘡には 辛塩を 灌ぐちふ如く …

「お」で始まることわざ

【思い立ったが吉日】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】 思い立ったが吉日 【読み方】 おもいたったがきちじつ 【意味】 なにかをしようと思いついたら、すぐに実行したほうがいいというたとえ。 【語源・由来】 「吉日(きちじつ)」とは、暦で縁起がいいとされている日の…

「お」で始まることわざ

【お前百までわしゃ九十九まで】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 お前百までわしゃ九十九まで 【読み方】 おまえひゃくまでわしゃくじゅうくまで 【意味】 夫婦が仲良く、ともに長生きするように願う言葉。 【語源・由来】 「お前」とは夫のこと、「わしゃ」とは妻のこと。 このあ…

「お」で始まることわざ

【溺れる者は藁をも掴む】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 溺れる者は藁をも掴む 【読み方】 おぼれるものはわらをもつかむ 【意味】 とても苦しんだり、困ったりしたときや、切羽詰まった状況の時には、助かりたい一心でどんなに頼りないものにもすがりつき、救いを求めること…

「お」で始まることわざ

【己の欲せざる所は人に施す勿れ】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語・英語訳)

【ことわざ】 己の欲せざる所は人に施す勿れ 【読み方】 おのれのほっせざるところはひとにほどこすなかれ 【意味】 自分が他人からされて嫌なことは、相手も嫌だと思うことなのだから、してはいけないということ。 【語源・由来】…

「お」で始まることわざ

【己の欲する所を人に施せ】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語・英語訳)

【ことわざ】 己の欲する所を人に施せ 【読み方】 おのれのほっするところをひとにほどこせ 【意味】 自分が他人からしてもらいたいと思うことを、人にしてやりなさいということ。 【語源・由来】 「新約聖書・マタイによる福音書…

「お」で始まることわざ

【己に如かざる者を友とするなかれ】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】 己に如かざる者を友とするなかれ 【読み方】 おのれにしかざるものをともとするなかれ 【意味】 自分より劣っている者を友としても、得るものがないというたとえ。 【語源・由来】 「論語(ろんご)」学而(がくじ)…

「お」で始まることわざ

【鬼も十八番茶も出花】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 鬼も十八番茶も出花 【読み方】 おにもじゅうはちばんちゃもでばな 【意味】 どんなものにも、その魅力がいちばん発揮される時期があるということ。女性は誰でも年ごろになると、色気や魅力が出てくるというたとえ。 …

「お」で始まることわざ

【鬼の空念仏】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 鬼の空念仏 【読み方】 おにのそらねんぶつ 【意味】 冷酷で残忍な者が、情け深そうにしたり、慈悲深そうにすることのたとえ。 【語源・由来】 無慈悲で残酷な鬼が、心にもないにも関わらず念仏を唱えるということか…