心に響く・素敵なことわざ一覧

筆者が心に響く!素敵と感じることわざを50音順で集めました。

ことわざには、人生を素晴らしくするためのヒントが隠されています。

この記事の中であなたの心の支えになるような、素敵なことわざが見つかれば幸いです。

当サイトに収録したことわざ・慣用句の逆引きは、「逆引き検索一覧」をご覧ください。

【スポンサーリンク】

「あ行」の心に響く!素敵なことわざ

朝起きは三文の徳(あさおきはさんもんのとく)

朝、早く起きると、たとえ少しでも何かしらいいことがあるいうたとえ。


明日は明日の風が吹く(あしたはあしたのかぜがふく)

これから先のことをあまり考えないで、成り行きに身をまかせていこうということ。


当たって砕けろ(あたってくだけろ)

成功するかどうかはわからないが、とにかく思いきってやってみよという事。駄目で元々という心意気でやってみれば案外うまくいくかもしれないとして、きわめて難しい状況を打開するため決意を促す事。


雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)

どんなに微力だろうと、それを諦めず継続していけば、いつの日にか努力が実るということをたとえている。


蟻の思いも天に届く(ありのおもいもてんにとどく)

力の弱いものでも、一生懸命努力をし続ければいつかは願いが叶うというたとえ。


案ずるより産むが易し(あんずるよりうむがやすし)

あれこれ心配するよりも、思い切って取り組むと、案外うまくいくものだという教え。


言いたいことは明日言え(いいたいことはあすいえ)

言いたいことがあったら、すぐ口に出さずに、一晩じっくり考えてから口にした方が、失言せずにすむという事。


石に立つ矢(いしにたつや)

心を込めてやれば、どんなことでもできるというたとえ。


石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)

石の上にも三年とは、つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるということ。「三年」は三年ちょうどの意味ではなく、多くの月日を表している。


一念天に通ず(いちねんてんにつうず)

物事に精励(せいれい)してたゆまぬ時は、その思いが天に通じて、いかなることもなしとげられること。物事をなしとげようとする強い信念があれば、その心は天に通じ、必ず成就するということ。


馬に乗るまでは牛に乗れ(うまにのるまではうしにのれ)

高い地位に就く前には、一旦ひとまず低い地位に就いて実力をつけるべきだという事。また、最善策が取れないならば、次善の策を取るべきだという事。何もしないでいるよりも、少しでも前に進んだほうがよいという事。


運根鈍(うんこんどん)

成功するには、運がよいこと、根気があること、ねばり強いことの三つが必要だということ。


遠慮なければ近憂あり(えんりょなければきんゆうあり)

目先のことばかりにとらわれてしまい、遠い将来のことを考えずにいると、近い将来必ず困った事が起きてしまうという事。


魚心あれば水心(うおごころあればみずごころ)

相手が自分を好きになってくれたら、自分も相手を好きになるという意味です。
あなたの気持ち次第で私の態度も変わりますよ、という場合に使われる事が多いです。


思えば思わるる(おもえばおもわるる)

こちらが、相手に対して好きな思いを持ち続けると、相手もこちらを好ましく思うようになるということ。

【スポンサーリンク】

「か行」の心に響く!素敵なことわざ

快刀乱麻を断つ(かいとうらんまをたつ)

鋭く切れ味の良い刀で、乱れ固まった麻糸を断ち切るように、複雑に絡み合った問題や難題などを、あっという間に解決してしまうことのたとえ。


果報は寝て待て(かほうはねてまて)

幸福というものは自分の力ではどうすることもできない。自然に身を任せ気長に待つことが良いということ。


聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥(きくはいっときのはじきかぬはいっしょうのはじ)

自分の知らないことはそのままにせず、積極的に聞いたほうが良いという意味。


窮すれば通ず(きゅうすればつうず)

最悪の事態に陥ってどうにもならなくなれば、逆に活路が開けるものだという事。絶体絶命だと思うような状況でも、案外解決の道はあるものだという事。


義を見てせざるは勇無きなり(ぎをみてせざるはゆうなきなり)

そうするのが人間として正しい道だとわかっていながら、自分の利益や保身のためにしようとしないのは真の勇気がないからだという意味。


雲の上はいつも晴れ

天気が悪くても雲の上はいつでも青空、ということから、今うまくいっていなくてもそれを乗り越えた後には明るい未来が待っている、という意味。


君子は豹変す(くんしはひょうへんす)

教養人がはっきりと過ちを改め、善を行なうさまのきわだっていること。


健全なる精神は健全なる身体に宿る(けんぜんなるせいしんはけんぜんなるしんたいにやどる)

身体が健康であれば、精神も健康であるというたとえ。精神と肉体とは一体であるということ。


虎穴に入らずんば虎子を得ず(こけつにいらずんばこじをえず)

虎の子を捕らえるには虎のいる洞穴に入らなければならないように、危険を冒さなければ大きな利益や成功は得られないということ。


転がる石には苔が生えぬ(ころがるいしにはこけがはえぬ)

①活発な行動をしている人が、常に健康で生き生きしていることのたとえ。
②転職や転居を繰り返す人は、地位も得られず金も貯まらないというたとえ。

【スポンサーリンク】

「さ行」の心に響く!素敵なことわざ

失敗は成功の基(しっぱいはせいこうのもと)

失敗することで、その原因を考えて反省し改善することで、同じ失敗をくり返さないように心がければ、次の成功をもたらす原動力になるということ。


七転び八起き(ななころびやおき)

何回失敗しても、挫けず、諦めず、何度でも立ち上がって、また努力を続けることです。
浮き沈みの激しい人生に例えられることもあります。


正直は一生の宝(しょうじきはいっしょうのたから)

正直だということは、一生を通して守らなければならないような、大切なものであるというたとえ。正直者は信頼され、その信頼によって幸せを得ることができるというたとえ。


初心忘るべからず(しょしんわするべからず)

物事を始めたばかりの頃の、真剣で謙虚な気持ちを忘れるなというたとえ。


善は急げ(ぜんはいそげ)

よいと思ったら、ためらわずにすぐに実行せよというたとえ。
好機を逃すなと、その実行を促すときにも使う。


千里の道も一歩から(せんりのみちもいっぽから)

どんなに大きな事業でも、まずは手近なことの実行から始まるということ。
何事も一歩一歩着実に進めることが大切だということ。


千万人と雖も吾往かん(せんまんにんといえどもわれゆかん)

反省してみて自分の考えや行動が正しいと確信したら、敵がたとえ千万人いたとしても恐れずに立ち向かっていこうという意味。


袖振り合うも他生の縁(そでふりあうもたしょうのえん)

どんなささいなことでも、偶然に起こっていることではなく、前世からの因縁によるものだから、道で見知らぬ人と袖が振れあうようなことでも、大切にせよというたとえ。


備えあれば憂いなし(そなえあればうれいなし)

日頃からしっかりと準備を整えておくと、いざという時に慌てなくてすむ、なにも心配はいらないというたとえ。

「た行」の心に響く!素敵なことわざ

足るを知る者は富む(たるをしるものはとむ)

満足することを知っている者は、生活が貧しくても精神的には豊であるということ。


玉磨かざれば光なし(たまみがかざればひかりなし)

宝石だって磨かれなければ美しく光を放つ事が無いように、優れた才能や秀でた素質を持つ人物でも、努力して自分を磨かなければ、その才能や素質を活かすことができないという事。


断じて行えば鬼神も之を避く(だんじておこなえばきしんもこれをさく)

決意を固くしてためらわずに行えば、何者にも妨げることはできないということ。
また、強い意志で決意を決行すれば、成し遂げられないことはないということ。

【スポンサーリンク】

「な行」の心に響く!素敵なことわざ

情けは人の為ならず(なさけはひとのためならず)

人に情けをかける(親切にする)のはその人のためではなく、いつか巡り巡って自分が誰かに親切にしてもらえるから、だから知らない人にも親切にしようといった意味です。


残り物には福がある(のこりものにはふくがある)

誰かが取り残した物の中や、最後に残った物の中には、思いがけなく価値のある物が残っているという意味です。

「は行」の心に響く!素敵なことわざ

腹八分目に医者いらず(はらはちぶめにいしゃいらず)

満腹になるまで食べずに、食事はいつも腹八分目程度にしておくことで、健康でいられるので医者にかかる必要がないというたとえ。


親しき仲にも礼儀あり(したしきなかにもれいぎあり)

とても親しく仲の良い関係であっても、礼儀は守るべきであり大切なことであるというたとえ。
相手への心づかいを忘れてしまうと、不和のもとになるというたとえ。


冬来たりなば春遠からじ(ふゆきたりなばはるとおからじ)

今は不幸な状況であっても、じっと耐え忍んでいれば、いずれ幸せが巡ってくるという事。


臍を固める(ほぞをかためる)

覚悟を決める。固く決心する。

「ま行」の心に響く!素敵なことわざ

待てば海路の日和あり(まてばかいろのひよりあり)

今は思うようにいかなくても、あせらずに待っていればチャンスはそのうちにやってくるということのたとえ。


身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ(みをすててこそうかぶせもあれ)

自分の命を捨てる覚悟で、思い切って飛び込むことではじめて、活路を見出し事を成し遂げることができるということ。


物には時節(ものにはじせつ)

「時節」は時期、好機のこと。何事にも時機というものがあり、時機を外せば思うようには成功しないということ。状況判断が大切との戒めでもある。

【スポンサーリンク】

「や行」の心に響く!素敵なことわざ

山高きが故に貴からず(やまたかきがゆえにたっとからず)

本当の価値は見かけだけで決まるものではなく、実質が伴ってこそ尊(とうと)ばれるということのたとえ。


勇将の下に弱卒無し(ゆうしょうのもとにじゃくそつなし)

「弱卒」とは、弱い兵士。頼りにならない部下の意味。大将が強くて勇ましければ、従う兵士もまた自然と勇敢だということ。指揮する者が優れていれば、部下も優れた働きをするたとえ。


雄弁は銀沈黙は金(ゆうべんはぎんちんもくはきん)

巧みな弁舌は素晴らしいが、それを銀ほどの値打ちとすれば、沈黙を守っているのはそれ以上の金ほども値打ちがあるという意味。


輿馬を仮る者は足を労せずして千里を致す(よばをかるものはあしをろうせずしてせんりをいたす)

他のものをうまく利用することによって、容易に事をなしとげることのたとえ。

「ら行」の心に響く!素敵なことわざ

楽は苦の種、苦は楽の種(らくはくのたね、くはらくのたね)

楽をすれば後で苦労を味わうことになり、逆に苦労をしておけば後で楽ができるということ。
人生は楽しいばかりでも、また苦しいばかりでもないという意。


連理の枝(れんりのえだ)

男女の仲や、夫婦の仲がよいことのたとえ。


六十の手習い(ろくじゅうのてならい)

年をとってから、学問や習い事を始めること。または、畑違いの仕事を始めるということ。


老馬の智(ろうばのち)

経験を積んで、物事に練達した知恵。また、老馬にも教えを乞うほどの謙虚さが必要であるということ。

「わ行」の心に響く!素敵なことわざ

笑う門には福来たる(わらうかどにはふくきたる)

いつも笑いが溢(あふ)れている人たちやその家には、自然と幸福がやって来るということです。同じように、苦しい時や悲しい時でも、落ち込んだりせずに希望を持って朗らかに生きていけば、幸せが訪れるという意味もあります。


禍も三年経てば用に立つ(わざわいもさんねんたてばようにたつ)

災害のようなものでも、三年も時がたつと何かの役に立つ。あるいは幸福の原因になるという意味。不用なものはないというたとえ。


禍を転じて福と為す(わざわいをてんじてふくとなす)

・身にふりかかる災難(さいなん)を活用(かつよう)して、自分に役立(やくだ)つものとして利用するさま。
・不幸なことが一転して幸福に転じるさま。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ!ことわざ本

合わせて読みたい記事