CATEGORY 「そ」で始まることわざ

「そ」で始まることわざ

【其の疾きこと風の如く、其の徐なること林の如し】の意味と使い方や例文

【ことわざ】 其の疾きこと風の如く、其の徐なること林の如し 【読み方】 そのはやきことかぜのごとく、そのしずかなることはやしのごとし 【意味】 何事に対処するにも、時機、情勢に適応し、敏速に行動したり、静止して情況の推移…

「そ」で始まることわざ

【損して得取れ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】 損して得取れ 【読み方】 そんしてとくとれ 【意味】 目の前のちょっとした損をしても、あとでそれをもとにして大きな利益をとるようにしたほうがいいというたとえ。 【語源・由来】 目先の利益にばかりこだわってい…

「そ」で始まることわざ

【その手は桑名の焼き蛤】の意味と使い方や例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】 その手は桑名の焼き蛤 【読み方】 そのてはくわなのやきはまぐり 【意味】 うまいことをいっても、そんな計略には引っかからないというたとえ。 【語源・由来】 「食わない」という言葉に、「桑名(現在の三重県桑名…

「そ」で始まることわざ

【然うは問屋が卸さない】の意味と使い方や例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】 然うは問屋が卸さない 【読み方】 そうはとんやがおろさない 【意味】 そう簡単に相手の望みには、応じられないということ。 また、世の中はそれほど自分の思い通りにはならないというたとえ。 【語源・由来】 それ…

「そ」で始まることわざ

【糟糠の妻は堂より下さず】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 糟糠の妻は堂より下さず 【読み方】 そうこうのつまはどうよりくださず 【意味】 貧乏なときから連れ添って苦労を共にしてきた妻は、夫が立身出世した後にも家から追い出してはならない。 【語源・由来】 「後漢書」…

「そ」で始まることわざ

【創業は易く守成は難し】の意味と使い方や例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】 創業は易く守成は難し 【読み方】 そうぎょうはやすくしゅせいはかたし 【意味】 創業など、新しく物事を始めるよりも、それを衰えさせないように守り育てることのほうが難しいというたとえ。 【語源・由来】 「貞観…

「そ」で始まることわざ

【備えあれば憂いなし】の意味と使い方や例文(語源・類義語・対義語・英訳)

【ことわざ】 備えあれば憂いなし 【読み方】 そなえあればうれいなし 【意味】 平生から事に備えて準備をしておけば、何の心配もなくなるということ。 【語源・由来】 「書経・説明」の「惟れ事を事とすれば、乃ち其れ備え有り」…

「そ」で始まることわざ

【袖振り合うも多生の縁】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 袖振り合うも多生の縁 【読み方】 そでふりあうもたしょうのえん 【意味】 どんなささいなことでも、偶然に起こっていることではなく、前世からの因縁によるものだから、道で見知らぬ人と袖が振れあうようなことでも、…