CATEGORY 「て」で始まることわざ

「て」で始まることわざ

【手の舞い足の踏む所を知らず】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 手の舞い足の踏む所を知らず 【読み方】 てのまいあしのふむところをしらず 【意味】 うれしさに我慢できなくなって小躍りする様子。大喜びすること。 【語源・由来】 「礼記楽記」、および「詩経周南、関雎序」の「…

「て」で始まることわざ

【天網恢恢疎にして漏らさず】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 天網恢恢疎にして漏らさず 【読み方】 てんもうかいかいそにしてもらさず 【意味】 天は正しく人を見ているので、悪事を働いたものは、天罰を逃れることは決してできないということ。 【語源・由来】 「老子(ろうし…

「て」で始まることわざ

【天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず 【読み方】 てんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず 【意味】 人間は本来平等であって、貴賎上下の差別はない。 【語源・由来】 福沢諭吉(ふく…

「て」で始まることわざ

【点滴石を穿つ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 点滴石を穿つ 【読み方】 てんてきいしをうがつ 【意味】 努力が持続することの大切さを説く言葉。自他を励ますときにも、功績を称するときにも使う。 【語源・由来】 「漢書」から。雨垂れが長い間には石にも穴をあ…

「て」で始まることわざ

【天高く馬肥ゆる秋】の意味と使い方や例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 天高く馬肥ゆる秋 【読み方】 てんたかくうまこゆるあき 【意味】 秋は空が澄みわたって高く晴れ、馬は肥えてたくましくなるという意で、秋の好時節をいう。 【語源・由来】 秋は空気が澄んでいて、空が高く感じられ…

「て」で始まることわざ

【天知る地知る我知る人知る】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 天知る地知る我知る人知る 【読み方】 てんしるちしるわれしるひとしる 【意味】 誰も知るまいと思っても、天地の神々も私も君も知っている。隠し事は必ず露頭するものであるということ。四知。 【語源・由来】 「後…

「て」で始まることわざ

【天上天下唯我独尊】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 天上天下唯我独尊 【読み方】 てんじょうてんげゆいがどくそん 【意味】 宇宙間に自分より尊いものはないという意。 【語源・由来】 釈尊が生まれた時、一手は天を指し、一手は地を指し、7歩進んで、四方を顧みて言…

「て」で始まることわざ

【天下取っても二合半】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】 天下取っても二合半 【読み方】 てんかとってもにごうはん 【意味】 ・物は必要なだけあればそれで事足りるので、あまり欲張るなというということ。 ・必要なものが必要なだけあればそれでよいということ。 【語源・…

「て」で始まることわざ

【出物腫れ物所嫌わず】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 出物腫れ物所嫌わず 【読み方】 でものはれものところきらわず 【意味】 屁もできものも、あれこれ場所・場合に関係なく、おかまいなしに出る。産気づくことにもいう。 【語源・由来】 「出物」は、おならのこと。う…

「て」で始まることわざ

【手前味噌を並べる】の意味と使い方や例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】 手前味噌を並べる 【読み方】 てまえみそをならべる 【意味】 自分で自分のことを誇ること。自慢すること。 【語源・由来】 自分の作った味噌を自慢する意。 【類義語】 自画自賛(じがじさん) 【英語訳】 Ev…

「て」で始まることわざ

【手八丁口八丁】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 手八丁口八丁 【読み方】 てはっちょうくちはっちょう 【意味】 することもじゃべることも達者な人ということ。 【語源・由来】 「八丁」は八つの道具を使うことができるほど達者で巧みであるという意味です。「八挺…

「て」で始まることわざ

【轍を踏む】の意味と使い方や例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 轍を踏む 【読み方】 てつをふむ 【意味】 先例をくり返す。また、前人の陥ったと同じ失敗を後人がする。 【語源・由来】 「轍」は、車輪の跡のこと。転倒した前の車の轍をたどって、同じように転倒することから。 …