CATEGORY 「さ」で始まることわざ

「さ」で始まることわざ

【山中の賊を破るは易く心中の賊を破るは難し】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】 山中の賊を破るは易く心中の賊を破るは難し 【読み方】 さんちゅうのぞくをやぶるはやすくしんちゅうのぞくをやぶるはかたし 【意味】 自分の心を律することは困難であるというたとえ。 【語源・由来】 王陽明の「与…

「さ」で始まることわざ

【去る者は追わず来る者は拒まず】の意味と使い方の例文(対義語・類義語・英語訳)

【ことわざ】 去る者は追わず来る者は拒まず 【読み方】 さるものはおわずきたるものはこばまず 【意味】 自分の許から去って行く者は決して引き止めず、自分のところに来たいという者は誰でも受け入れて拒絶しないということ。その…

「さ」で始まることわざ

【三人虎を成す】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 三人虎を成す 【読み方】 さんにんとらをなす 【意味】 事実無根の風説も、言う人が多ければ、ついに信じられるようになることのたとえ。 【語源・由来】 出典は「戦国策(せんごくさく)」です。三人の口にかかれば…

「さ」で始まることわざ

【座して食らえば山も空し】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 座して食らえば山も空し 【読み方】 ざしてくらえばやまもむなし 【意味】 働かないでぶらぶら遊んで暮らしていれば、仮に山のようにある財産でも、やがては使い果たしてしまうものだということ。 【語源・由来】 -…

「さ」で始まることわざ

【三年飛ばず鳴かず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 三年飛ばず鳴かず 【読み方】 さんねんとばずなかず 【意味】 ・実力のある者がじっと機会を待っているようす。 ・長い間、いい成果を出さずにいることのたとえ。 【語源・由来】 飛べば高く飛び上がり、鳴けば人を…

「さ」で始まることわざ

【三十六計逃げるに如かず】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 三十六計逃げるに如かず 【読み方】 さんじゅうろっけいにげるにしかず 【意味】 困ったときは、どのような方法よりもその状況から逃げるのが最も賢明(けんめい)であるということ。 【語源・由来】 出典は、南斉書…