CATEGORY 「く」で始まることわざ

「く」で始まることわざ

【口も八丁手も八丁】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 口も八丁手も八丁 【読み方】
 くちもはっちょうてもはっちょう 【意味】
 話も流暢であり、何かをすることも達者で器用な人の事。 【語源・由来】
 「八丁」とは、八つの道具を使いこなす程達者であるというこ…

「く」で始まることわざ

【口は災いの元】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
 口は災いの元 【読み方】
 くちはわざわいのもと 【意味】
 不用意な発言は自分自身に災いを招く結果になるので、言葉は十分に慎むべきだという事。 不用意な発言は身を滅ぼす要因となることもあり、言葉が自らに…

「く」で始まることわざ

【口は禍の門】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 口は禍の門 【読み方】
 くちはわざわいのかど 【意味】
 不用意な発言は身を滅ぼす要因になるため、発する言葉は十分に慎むべきだという事。 何気なく言った言葉が元で災難を招き、身を滅ぼすこともあるので、発…

「く」で始まることわざ

【口に蜜あり腹に剣あり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
 口に蜜あり腹に剣あり 【読み方】
 くちにみつありはらにけんあり 【意味】
 口ではうまいことを言うが、内心は険悪であるという事。 言葉では相手を喜ばせるように一見優しそうなことを言うが、心の中は険悪で悪…

「く」で始まることわざ

【君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず 【読み方】 くんしはわしてどうぜず、しょうじんはどうじてわせず 【意味】 すぐれた人物はひとと協調はするが、おもねって付和雷同はしない。 教養のないひとは、外面だけを…

「く」で始まることわざ

【君子は豹変す】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 君子は豹変す 【読み方】 くんしはひょうへんす 【意味】 教養人がはっきりと過ちを改め、善を行なうさまのきわだっていること。 【語源・由来】 「易経(天文・地理・人事・物象を陰陽変化の原理によって説いた書)…

「く」で始まることわざ

【君子の交わりは淡きこと水の如し】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 君子の交わりは淡きこと水の如し 【読み方】 くんしのまじわりはあわきことみずのごとし 【意味】 教養があり物事をよくわきまえた人どうしの交際は、水のように淡々としているが長く変わることがない。 【語源・由来…

「く」で始まることわざ

【君子危うきに近寄らず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 君子危うきに近寄らず 【読み方】 くんしあやうきにちかよらず 【意味】 教養があり徳のあるひとは、身を慎んで危険なものごとにむやみにちかよらない。 【語源・由来】 ー 【類義語】 ・君子危うきにのぞまず 【…

「く」で始まることわざ

【苦しい時の神頼み】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 苦しい時の神頼み 【読み方】 くるしいときのかみだのみ 【意味】 普段は信仰心をもたないものが、病気や災難などにあって苦しいときにだけ、神に祈ってあてにすること。 【語源・由来】 【類義語】 ・今際の念仏誰…